杉並演劇祭

優秀賞受賞作品

 

食育をテーマにした音楽劇

    

 

食事の際、「いただきます」って言うんです、なんてのは、学校でも家

 

庭でも教わる事。

 

だけど、僕たちは、その「いただきます」の意味を時々忘れがちにな

 

る。僕たちは、スーパーやコンビニでスライスされた肉を食べる。その

 

スーパーやコンビニに届く前は、生きてた動物だった事なんて考えた

 

りすらしない。僕たちは、自分以外の「命」を食べて生きてるのに。

 

世界のどこかの貧しい国じゃ食料不足が叫ばれる一方で、どこかの

 

先進国じゃ食料の「大量廃棄」がしばしば問題にあがったりする。「食

 

べ物= いのち」じゃなくて「食べ物= 物」としか見れなくなってるからだと思う。 

    

     「いただきます」ってのは、 「命をいただきます」って事。

 

ほんの少しでもその意味を想ってもらえる子が増えて欲しい

 

そんな想いが込められた作品

 

 

 

一人の少年と、一頭のウシと、

 

一つのイノチを巡る物語

 

 

 

 



舞台『明日、君を食べるよ』スマホサイト
舞台『明日、君を食べるよ』スマホサイト